国語の勉強法

中学受験では、算数と共に国語、理科、社会が入試科目となっています。そこで、国語の成績を伸ばす勉強法について考えてみましょう。「本を読む子は国語力が伸びる」どうしてこう言われるのかというと、「読む力」が養われているからです。そこで、国語力を上げるには、読むことが一番の勉強法だといえます。中学受験では、大抵の学校で2000文字以上もの文章が出題されます。その文章を読むだけでも時間がかかりますし、試験時間内で読んで解き終わるだけの力がなければいけません。

速読力が高ければ、試験時間内にスムーズに解き終わることができます。普段から、読むスピードを上げること。読むときは必ず字面を追うのではなく内容を確認しながら読むことが大切です。

算数と国語の勉強法は全く異なります。算数は、どんどん問題を解いていくことが大切ですが、国語は手こずってもしっかりと問題文の一言一句を読み取って解答しなければいけません。どの教科でも言えることですが、まずは「苦手意識」を無くしましょう。国語への苦手意識は、文章読解力のなさから生まれてるのかもしれません。普段からいろんな文章を読み、苦手意識を無くしましょう。また、文章を読むときは時間制限を設けて読むことも必要です。