繰り上げ合格とは

中学受験に失敗し、不合格の通知をもらった時。通常通り公立中学校へ行くための準備を進めます。通常は入学手続きが2月3月で行われますが、その時にはすでに入学説明会が実施されています。そこで、私立校では「入学説明会に参加しなければ入学の資格がなくなってしまう」というケースが多く、合格通知をもらったと同時に、説明会の日程や制服の新調を行います。

合格した人と、不合格だった人は全く違う行動が必要ですが、どちらもバタバタすることは間違いありません。そして、そこで更にバタバタせざる負えない連絡が入る可能性があります。それは、「補欠合格・繰り上げ合格」です。たとえば入学説明会が2月10日にあったとしましょう。繰り上げ合格の連絡が、2月9日に来るという学校もあります。

有名な名門私立中学校でも、入学辞退をした生徒により、約50名以上の補欠合格者を出した学校があります。その50名以上の生徒は、入学説明会の前ギリギリに連絡をもらい、祝う暇もなくバタバタ入学をしたのです。繰り上げといっても合格は合格。そんな連絡が入ったら、嬉しいですよね。算数や社会、国語、理科の学力テストで、数点足りなかったことによる不合格者でも、補欠として合格する可能性があります。最後の最後まで気合を入れて、合格目指して頑張りましょう。