中高一貫校ってなに?

勉強が出来る子は、どう考えているか知っていますか?「自分は勉強ができる」と思っています。人には、謙虚に「そんなに良くないよ」と言っているものの、心の中では自分はできると信じています。勉強ができない子はどうでしょう。「自分は勉強ができない」と思い込んでいます。中高一貫校とは、中学から高校まで一貫して6年間同じ学校で教育課程を受けるという学校です。多くの私立中学校で、中高一貫の学校があります。

中高一貫に問わず、算数や国語、社会など入試の科目は同じです。違うことは、中学卒業後に高校へと上がる際、試験があるかどうかです。中高一貫校の場合、6年間同じ学校でエスカレーター式に上がっていくため、6年間の間に生徒はできる子とできない子にわかれます。最初に言った通り、勉強ができないと思っている子は、全く伸びません。中学受験をして、合格しても授業についていけないと、勉強ができないと思い込んで6年間ずっと、勉強ができないままとなってしまいます。

中高一貫にはメリットもありますが、デメリットもあります。大きなデメリットは、6年間で「受験などの大きな学力値を測る経験ができない」ということでしょう。小学校6年生の時に大きな中学受験を経験し、「楽をする」という言い方は適していないかもしれませんが、再度受験がないのは「楽だ」という部類に入るでしょう。中学受験は、「入学してから」が大切ですから、中高一貫の場合は、入学後の将来のことも考えて、中学受験対策をしてください。