家庭教師は必要?

個別の指導塾の他にも、家庭教師を雇っているというご家庭も少なくはありません。指導塾とは散って、家庭教師は、その生徒に合った家庭学習を行うことができます。子供が自分で学習プランを実行し、勉強できないのであれば家庭教師だけで中学受験を乗り切ることはできないでしょう。

個別で学習したほうが良いと考えるのであれば、塾とともに家庭教師をつけたほうが合格に近づきます。算数が苦手で、塾の授業にはついていけないという生徒には家庭教師が必要だといえます。ですが、塾だけでこなせるというのであれば、家庭教師は必要ありません。家庭教師は塾と同じだけ費用がかかります。費用を倍にして通わせた方が良いというほど、お子様のやる気があるでしょうか?やる気があればきっと、家庭教師がなくとも苦手科目なども克服できるはずです。

算数などは、「自分で解く力」が必要です。それを、塾でもご家庭でも「教えてもらうだけ」では意味がありません。それでは、算数を自分で解く力は身に付きません。ぜひ今一度、お子様の自分で解く力を信じてあげてください。そして、どうしても苦手教科を無くすことができないと考えるのなら、お子様と相談して家庭教師を依頼しましょう。指導塾だけで十分に伸びる子もいれば、家庭教師をつけて伸びる子もいますから。中学受験に「人と同じ対策法」は1つたりともありません。