勉強時間について

中学受験の算数対策は、大量に問題を解くことだ、この言い分は間違ってはいません。大量に問題を解くのは良いですが、気を付けなければいけないことが2つあります。まず、「小学生らしい生活をすること」と「睡眠時間をおろそかにしないこと」です。

小学生らしい生活とはどんな生活でしょうか。小学生といえば、運動量もどんどん多くなっていき、高学年になると食べる量も増えますよね。脳ばかり動かしていては食欲もわきませんし、小学生の時から運動不足なんて状態にはしてあげたくないでしょう。中学受験を控えているとはいえど、適度に遊んで、しっかりと食事を摂ることが大切です。

そして、算数の問題を解くにも時間がかかりますから、ついつい夜中の23時、0時まで問題集をやっていたという小学生もいます。学校へ行って、塾へ行って、小学校の宿題と塾の宿題をやって、そこから中学受験の過去問を解く。もう遊ぶ暇も寝る暇もありません。そこまでしなくっても、受験対策は日中の時間だけで十分にできるはずです。自分の今の学力よりも少し上の算数の問題を選び解く、そして夜はしっかり寝る。時間の使い方が効率的な子ほど、合格する確率が高くなっていきます。生活習慣は規則正しく、体調を壊さないような生活をしましょう。