方程式と公式

中学生になると、小学校では習っていない方程式や公式を学んでいきます。だからこそ、算数は方程式や公式で覚えるものだと思い込んでいる親御さんが多いでしょう。算数は、「覚える」科目ではありません。反対に、覚えない教科でもありませんが、方程式や公式を覚えるだけでは解けない問題もあります。

中学受験を控えた小学生に、方程式や公式ばかり教え込むような指導者は、せっかくの合格する機会のある子供の将来を奪っているようなものです。「1週間に1度テストを行っている」という塾があるとします。そこでは、1週間学習したことをテストで発揮し、また次の週に違う学習をしてその学習をテストで出す。そんな塾に通っていて、成績が伸びると思いますか?

覚えことだけ、発揮する。それでは算数の成績は上がりませんし、中学受験を受ける頃には手遅れなほど、落ちこぼれるでしょう。「思考が硬直化」してしまうのです。パターン学習を繰り返していると、典型的な質問には答えられるものの、応用が利かなくなあります。算数は意外と、「いじわるな問題」が多いので、方程式や公式を覚えているだけでは、全く意味がわからない問題も出てきてしまいます。算数の力を伸ばすには、方程式や公式を覚えるだけではいけないのです。