親が教えてはいけない

中学受験の算数は、親御さんが教えてはいけません。算数の指導は、大人からすればとても簡単なことです。1+1=2であることを説明するのは簡単ですよね。でも、子供たちが理解するかどうかは別です。「算数を理解する」ことは、子供が自ら「気づく」ことでもあります。親はなぜか、「算数を解説」したがるのです。解説ばかりしていては、子供が自ら気づく努力をしようとはしません。

解説なら、塾ややってくれますし、大抵の問題の解き方、回答、解説など教材を見ると理解することができます。それをわざわざ親御さんが解説するのは、とても危険な行為です。算数でも超難問を解くことができる子は、基礎や基本的な原理をしっかりと気づき、理解できている子です。実は、その子が特別な子なのではなく、それが当たり前なのです。算数はそうやって、学習していくものです。

中学受験のために塾に生かせていて、中々ついていけていない。そんな場合でも、親が教えてはいけません。子供が気づく努力を無駄にしてはいけません。中学受験の算数には様々な取り組み方があります。お子様に合った解き方、勉強の仕方を、本人に見つけさせてあげましょう。暗記が必要な社会や文章問題がある国語などは、どんどん教えてあげてください。でも、算数の伸び芽を摘むような行為はしてはいけません。