親ができること

中学受験を受ける子は、毎日多忙な生活を送っています。苦手な教科をなくし、日々勉強に励んでいることでしょう。そこで、親ができることは何なのでしょうか。中学受験のために塾に通わせていたとしても、通常よりは親のサポートが必要です。公立校へ行く子よりも、親御さんも共に受験対策をする必要があります。最も重要なことは、スケジュール管理です。

算数が苦手、社会が苦手。子供たちは勉強に対して様々な悩みを抱えています。その中で、学校へ行き、塾へ行き、宿題をして問題集をして。まさに勉強三昧です。そのスケジュール管理はすべて親の務めです。通常は、年間指導のカリキュラムなどを塾が決めて、その流れで学習を進めていきます。塾に通っていない場合は、その管理さえも親がしなければいけません。教材や問題集を買いそろえて、家庭学習の流れの管理も必要です。

中学受験の算数は、親が教えられるほど簡単なものではありません。だからこそ、指導塾へ行かせる親御さんが多いでしょう。子供のためにできること。それは、「家庭学習と家庭での過ごし方をしっかりと考えてあげること」です。勉強も大切ですが、食事、栄養、睡眠、生活習慣なども踏まえながら、家庭学習でできること。スケジュール管理などを徹底して、親御さんがサポートしていきましょう。