中学受験算数の過去問

受験をするにあたって、どの科目でも過去問を解くのは必須です。志望校を絞り込んだら、過去問題集は書店で購入するなり、インターネットで情報収集するなり。過去問は絶対にしておかなければいけない、中学受験生には欠かせない存在。小学生の記憶力はすごいものです。大人ではできないことをやってのけます。それは、過去問を一度解いたら、もうすでに二度目は覚えていて高得点が取れるのです。それくらい、記憶力は新しいものをどんどん覚えていきます。

過去問を一度解くとその答えを覚えてしまうので、意味がないと考える方も多いでしょう。ですが、過去問には「実力を試す」以外にも様々なメリットがあります。まず、過去問を解くことで志願校の出題傾向を知って、問題の形式に慣れることができます。何よりも、試験は時間制限がありますから、解くスピードが大切です。その時間にも慣れることができますし、確実に点数が取れるような問題の反復練習が必ずできるのです。

簡単な問題は、出来るからと諦める子供も多いため、実際の中学受験では簡単な問題でミスしてしまう子もいます。簡単な問題も、まだ解いたこともない問題も、過去問を解くことによって吸収することができるのです。特に受験で難しいと言われる算数の問題は、1つたりとも同じ問題がありません。何年分もの過去問を解くことで、自然と力が身につくのです。